深谷市の整骨院なら村山はりきゅう接骨院へ
HOME>はり・きゅう治療

はり・きゅう治療

鍼治療とは
鍼治療とはのイメージ

鍼と呼ばれる専用の鍼を用いて、身体の表面にあるツボや特定の筋肉、患部などに治療を施します。この事は症状の改善に効果をあげます。
未経験の方は鍼を刺すという事で「痛い、恐い」というイメージを持つことが多いようですが、治療に用いる鍼は一般的には直径0.2ミリと毛髪ほどの太さしかありません。
又習熟した技術により、瞬間的に皮膚を通過させてしまうこと、痛点を避けることで、ほとんど痛みはありません。

症状
神経痛 顔肩腰足などの神経に沿って痛みがある。
(坐骨神経通、肋間神経痛など)
リウマチ 手首や肘、膝、足首などの各関節が腫れて痛むもの
腰痛症 腰が痛む、腰が重い。(変形性腰痛症、ぎっくり腰など)
五十肩 肩が痛くて、腕が上がらないもの
頸腕症候群 頚(首)、肩、腕の痛みやしびれ、だるさなど
頸椎捻挫後遺症 頚(首)の外傷、むちうち症などの後遺症に
その他 慢性的な痛みのある疾患で保険者が認めたもの
問い合わせ